神奈川県厚木市の「はりきゅう専門」治療院/腰痛・坐骨神経痛・肩こり・頭痛・めまい
県央治療院トップ

めまいの治療例

鍼治療によるめまいの改善例です。このような症状が改善しています。

 

例3 吐き気・突発性難聴・頭痛を伴うめまい

 

患者

40代  男性

 

来院

2017年  3月

 

症状

1か月前から強いめまい・吐き気・耳鳴・頭痛が発作のように起こるようになった。

週に2~3回、強い耳鳴りを感じるとその後めまいが起きて起き上がれなくなり、吐き気を催して実際に嘔吐してしまう。

発作が始まると、2~3時間はトイレから出られなくなり身動きが取れなくなる。

また発作が落ち着いても頭痛は半日ほど引きずってしまう。

仕事を軽めにしてもらい、脳神経外科を受診したが異常はなく、耳鼻科を受診して突発性難聴と診断された。

処方されたメチコバール、アデホスコーワ、ツムラ五苓散を服用したが改善の兆しが見れないのでネットで探して突発性難聴を専門的に診ている当院に来院。

%e4%ba%ba%e4%bd%93%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88-%e7%94%b7%e6%80%a7-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

治療内容と経過

問診をしていくと、問題は首にあることが予想できた。

触診してみると案の定、右首の横と前に特徴的な緊張がみられた。

これらを緩めるために手足のツボに鍼をして緊張を緩めた。

めまい・吐き気は発作がでないと全く症状がないため1回目の施術はこれで終了して様子をみることにした。

 

2回目は4日後の来院、ジーという耳鳴りは相変わらず続いているが今のところめまい・吐き気の発作は出ていない。

頭痛は軽くあるが発作時のような強い痛みはない。

この日は前回の施術にプラスして股関節周りのツボを用いてみると、首の緊張がさらに緩み患者自身も改善していることを実感できた。

 

3回目は3日後に来院。

ここまで初診から1週間経過したが、発作はなし。

ジーという耳鳴りも当初に比べ7割ほど改善した。

後頭部に頭痛が軽く残るので腰とふくらはぎのツボに鍼をした。

 

4回目で耳鳴りは日常生活ではほぼ気にならない、夜静かになると薄くするとのこと。

頭痛はほぼない。

 

5回目6回目と少しずつ間をあけてみるが、発作は全く起きていない。

仕事も通常に戻し、耳鳴りも気にならないので様子をみてみることにする。

 

主に使用したツボ

(R)合谷 (R)太衝 (R)後渓 (R)地天

 

考察

症状が発作的に起き、強烈な症状であったが、発症して1か月と比較的早めに来院いただいたため早期に改善をすることができた。

様々な症状が出ていたが、全ての原因は首の緊張にあった。

刺激量を最小限に抑え、確実に緩めることでめまい・吐き気に関しては初回の施術で改善出来た。

 

 

例2

 

患者

40代  男性

 

来院

2016年12月

 

症状

3日前から強いめまい・ふらつきが起きる。

特に起床時、歩行時が強く、なにかに掴まらないと左右にふらついてしまい壁にぶつかってしまう。

肩こりも強く感じており、今年のお正月にも同様の症状が出て、その時は脳神経外科でMRIなど一通りの検査を受けるも、特に異常はないと言われているため早く改善したいと鍼灸治療を希望されて来院。

 

%e4%ba%ba%e4%bd%93%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88-%e7%94%b7%e6%80%a7

 

治療経過と内容

多忙な仕事が一段落ついたら症状が発症したことから、ストレスとの関連を考えた。

首から肩を触診すると、側頚部に強いコリを見つけて軽く押圧すると吐き気がした。

また前頚部にも緊張があり、これらを緩めるために、手足のツボに鍼をした。

その後もう一度同じ側頚部を押圧すると、吐き気は半分以下になり、硬さも緩んだので初回はこれで終了とした。

2回目来院時、まだ歩行時のふらつきは半分程度あるものの、起床時のめまいはほぼなしだった。

同様の治療を4回まで行うと、めまいは全くなくなり歩行でふらつくことも無くなった。

 

使用した主なツボ

(R)後渓  (R)T5(1) (R)太衝  (R)地点  

 

同時に治療した症状

肩こり

 

考察

繁忙期を終えてほっとしたところに症状が出ていた。

ストレスは特に前頚部の硬さに繋がりやすく、様々な疾患に繋がりやすい。

また経験上強いめまい症状は、治療の刺激が強かったり、首を直接揉んだり、首に鍼をしたりすると悪化するケースが多い。

最小限の刺激と本数で施術が出来て、首や肩の局所に触らず治療出来る、整動鍼ならではの改善スピードだと考える。

 

 

 

 

症例1

70代 男性

来院

2015年9月

 

症状

2日前から急にめまいが出る。

立ち上がり、起き上がりでふわっとしてよろけてしまう。

同時に胃の気持ち悪さもある。

 

%e4%ba%ba%e4%bd%93%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88-%e7%94%b7%e6%80%a7

治療内容と経過

めまいと首や肩のコリは非常に関連が高い。

丁寧に触診していくと、右側の側頚部から肩上部に強いコリが見つかった。

このコリを緩めるために手のツボに鍼をした。

また胃の気持ち悪さもめまいに関連があると考え、足と背中のツボに鍼をした。

 

初診時ツボに鍼を置いて、寝ている時に胃がすーっとする感覚があり気持ち悪さが無くなる。

少し休んでいただき、ベットから起き上がるとさっきまであっためまいが半分くらいになっているとの事でこの日は終了。

 

2診目で立ち上がり、起き上がりのめまいはほぼ消失。

頭を下げると少しふらつく、との事で同じ治療を施す。

胃の気持ち悪さはない。

 

3診目は頭を下げた時のふらつきも無くなり、胃の気持ち悪さもないため体を整えこの日で施術を終了とした。

 

使用した主なツボ

(R)六谷  (R)内谷  (R)足三里  (R)上巨虚  (R)L4(2)

 

同時に治療した症状

胃の気持ち悪さ

 

考察

症状が発症してから2日と早めに来院いただいたのが、功を奏したと思われる。

首、肩のコリは頭痛やめまいと関連するケースが多く、今回も右側の強いコリに注目して施術をした。

結果3回の施術で改善することが出来た。

  • 0120-32-7491
  • アクセス
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2017年12月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【神奈川県】厚木市,海老名市,伊勢原市,秦野市,綾瀬市,藤沢市,川崎市,横浜市
  • オフィシャルブログ
  • お気に入り
Twitter