神奈川県厚木市の「はりきゅう専門」治療院/腰痛・坐骨神経痛・肩こり・頭痛・めまい・突発性難聴
県央治療院トップ

頭痛の治療例

鍼治療による頭痛の改善報告集です。当院ではこのような症状が改善しています。

 

110

筋緊張性頭痛   片頭痛    吐き気を伴う頭痛   群発性頭痛   こめかみの頭痛   

 

おでこの頭痛   眉間の痛み  目の奥の痛み   休日になると出る頭痛   後頭部の痛み  

 

生理前後の頭痛 後頭神経痛

 

例5 後頭神経痛

 

患者

20代 男性

 

来院

2017年 11月

 

症状

2年前から肩こりを感じていたが、1か月前から右の首筋に強いコリを感るようになり、そのころから右の後頭部にズキズキとする頭痛が出始めた。

心配になり脳神経外科を受診してCTなどの検査をうけて後頭神経痛と言われた。

医師から鍼灸治療を進められ、ネットで当院の事を知り来院。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療内容と経過

触診すると右の肩と首の上部に強い緊張(コリ)が見つかった。

デスクワークで一日PCでの作業との事で、椅子に座りっぱなしであることから、首や肩に関連のある臀部のツボをチェックすると強いコリがあり先ずはこれを緩めた。

すると臀部の緊張が緩むと、肩や首の緊張が緩んだ。

さらに首の上部のこりを緩めるために肩甲骨内側のツボと肘のツボを使うと、首が緩みそれまであった頭痛も軽く感じたのでその日に施術は終了とした。

 

2診目以降痛み止めを飲む回数は半分になった。

まだ朝起きた時に、痛みを感じる事があり朝だけ痛み止めを飲んでいる。

初回と同様に臀部、肘、肩甲骨のツボに適時胸椎との連動を考えて施術すると5回目でほぼ痛みはなく、薬も飲んでいないとのこと。

 

徐々に来院の間隔を空けて7診目には2週間以上痛み止めも飲んでおらず、頭痛も全く出ていないとのことであった。

 

本人の希望により1か月1回程度のメンテナンスでの通院で肩こりのケアをしていく。

 

主に使用したツボ

(R)秩辺 (R)曲池 (R)T4(4) T4(2.5)

 

 

同時に施術した症状

肩こり

 

考察

デスクワークに多く見られる、臀部の緊張が肩や首を下に引っ張り、連動した首や肩が緊張して頭痛となったケース。

 

長時間のPC作業は肘や肩甲骨に及ぼす影響が大きく、強い頭痛の原因になることが多い。

 

早めに頭痛が軽減したため、痛み止めの量を減らしていくことが出来た。

 

 

症例4 肩から頭に電気が走るような痛み

 

患者

60代 男性

 

来院

2017年11月

 

症状

4日前の起床時に肩から首に寝違い様の痛みが出た。

湿布などを貼り対応していたが、そのうち肩から頭に電気が走るような強い痛みが出る。

ズキンとして息が止まるような痛みである。

知り合いに都内の鍼灸師がいたので相談したところ、比較的近くに当院があり紹介され来院。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療内容と経過

4日前の寝違いから強い緊張が発生して頭痛になったと推察した。

首を右に向け辛く、向けると頭痛が発生することから先ずはこの動きを整える事を考え胸椎との連動に注目した。

触診すると胸椎周辺に強い緊張があり、鍼をした。またそこに連動する手のツボにも鍼をすると右を向きやすくなり頭痛も半減した。

さらに首を触診すると頭に響くコリがあり、これを緩めるために肩甲骨の内側のツボに鍼をした。

初回はこれで終了し、3日後に来院するとまだ少し頭痛は残るが息が止まるような痛みはなくなり大分楽との事。

この日も肩甲骨内側のツボと、関連するスネのツボに鍼をした。

施術終了後は頭痛もなく首肩も楽との事で、念の為1週間後に来院。

頭痛も首肩の辛さもほぼなく、左側の肩こりが気になるとの事なのでしっかり調整して施術を終了した。

 

主に使用したツボ

R・T5(1)  R・T4(4) R後渓  R陽補

 

同時に施術した症状

肩こり

 

考察

寝違いから首や肩に強い緊張がでて、頭痛になってしまったケースである。

コリの発生源をしっかり捉え、痛い場所に鍼をするのではなく根本的な原因となっている場所にアプローチして症状を軽減させた。

特に肩甲骨周囲や胸椎との連動は頭痛、肩こりには重要な場所となる。

 

 

 

 

症例3 朝に頭がもやもやする頭痛

患者

30代 男性

来院

2017年3月

症状

半年前から肩や首に疲れを感じるようになった。

仕事の忙しさもあり、夕方になると特に強いコリや疲労感を感じる事が多く、ここ1週間は起床時に頭がモヤモヤするような頭痛が毎日続き

不安になり、ご友人の紹介で来院。

%e4%ba%ba%e4%bd%93%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88-%e7%94%b7%e6%80%a7

治療内容と経過

半年前からの肩こりが原因で頭痛が起きているパターン。

年度末の忙しさが重なり、朝起きると頭痛がしている。

首から肩を触診していくと、右側の首に強いコリがみられた。

また顔を右に振り向いてもらうと、左に比べて振り向き辛いことも分かった。

これらを踏まえて考えると、胸椎周囲の緊張や歪みが原因と考えこれを調整する手のツボに鍼をした。

また連動する肩甲骨にも強い緊張が見つかったので、肘のツボに鍼をした。

上記症状を確認するためもう一度首を右に振り向いてもらうと、先ほどより遥かにむきやすくなり肩甲骨の緊張も緩んだ。

初回はこれで終了し、1週間後に来院いただくと頭のモヤモヤはほぼ消失したが、今度は左側の首肩が気になり始めた。

左側も首肩のコリを施術するため手足のツボに鍼をすると、3回目の来院ではモヤモヤ頭痛は全く無くなり軽い肩こりを感じるだけになったため、調整する施術をして

2週間後に来院いただくと辛さは全くなかった。

患者さんと相談の上、月に1度程度のメンテナンスをご希望されたので継続しながら様子をみることにした。

主に使用したツボ

R後渓 R曲池 R膝陽関

考察

肩こりも対処しないと頭痛やめまいの原因となりうる。

今回は頭痛が出始めて1週間ほどで来院いただけたので、比較的早く改善することが出来た。

たかが肩こりと考えずしっかり対処していきたい。

 

★この症例は肩こりの症例2と同じです。

 

症例2

 

患者

男性  40代

 

来院

2016年6月

 

症状

20代の頃から頭痛と肩コリがあり悩まされていた。

月に何度か出る頭痛はマッサージに行ったり、痛み止めを飲んだりで過ごしていた。

3か月程前から、強烈なズキズキとしたこめかみの痛さが、週2~3回出ており毎週のように会社を休んでいる。

脳神経外科に行き、MRIなど一通りの検査をしたが異常はなく「姿勢が悪い」と言われたとのこと。

現在は処方されたロキソプロフェンを飲んでいる。

肩コリも酷く、奥様の紹介で来院。

 

%e4%b8%8a%e5%8d%8a%e8%ba%ab

 

 

治療内容と経過

首から肩を触診していくと、右首の外側と肩上部にコリがあった。

首を動かしてもらうと、右に回旋する動作、左に倒す動作に著しく動作不良があった。

これらを改善するために、手のツボに鍼をして緩めると動作が改善した。

さらにコメカミと顎関節の関係に注目し顎の動きを整えるツボと、頭痛のベースとなるツボに鍼をして初回の施術を終了した。

一週間後に来院すると、この一週間は全く頭痛が無く過ごせたとの事。

右側が楽になったら、逆の左側の肩甲骨内側のコリが目立ってきて辛くなった。

この日は右側のフォローと左側の施術も行い終了した。

その後も計7回の施術を行う、コメカミの頭痛は全く出ていない。

左の肩甲骨の辛さも、ほとんど気にならなくなり、日常生活に支障がないため終了とした。

 

同時に治療した症状

肩コリ

 

使用した主なツボ

(R)内谷  (R)後渓   (R)養老  (R)外谷

 

 

 考察

頭痛と首・肩の関連はとても強い。

また、顎関節とコメカミの関連も強く連動しており動きを整えることにより改善に繋がった。

3か月強烈な痛みに悩まされていたが、1回の施術で痛みを0にすることが出来た。

このようなケースは稀であるが、なるべく早く辛い状態から抜け出せるように施術の精度を上げていきたい。

 

 

 

 症例1

 

 患者

女性  30代(SE)

 

来院

2016年8月

 

症状

 

 一日中PCの前にいる仕事の性質上、以前より肩こり・頭痛はあったが今年に入って職場の人事でストレスがかかることが多くなり、7月末から毎日のように強い頭痛に悩まされている。

主に後頭部にギューっと重くなるような痛みが出る。

特に疲れが溜まる夕方や週末に増悪し、首から肩、肩甲骨周辺にも強いコリを感じる。

                  

 

                           %e4%b8%8a%e5%8d%8a%e8%ba%ab

 

治療内容と経過

触診していくと後頭部と首の間に強いコリが見つかった、左より右が特に強いこりである。

さらに肩、肩甲骨の間も右側のコリが強く全体的に右側が原因になっているような印象を受けた。

特に右側の肩甲骨内側のコリを軽く押すと頭に不快な痛みが響く。

 

先ずは頭に響くコリを取るために足首の内側に近い場所にあるツボに鍼をしてから同じ場所を軽く押すと、頭に響く痛みは消失した。

その後、後頭骨から首の間のコリを取るために腰とふくらはぎに一本ずつ鍼をした。

同じように硬かった場所をチェックすると緩んだため初診はこれで終了。

 

五日後に再度来院してもらい話を聞いたところ、毎日あった頭痛が昨日一度だけ軽く出たとの事。

肩上部のこりはまだ強いので同じ施術+αで終了。

 

3度目の施術は一週間後であったが、前回後から頭痛は一度も出ておらず肩こりもかなり楽との事。

現在は本人がメンテナンスでの来院を希望しているため、月一度程度の施術でメンテナンスをしている。

同時に治療した症状

肩こり

 

使用した主なツボ

(R)三陰交  (R)空りょう (R)承山 (LR)承扶

 

 

 

考察

一日中のPC作業で目を酷使する事、椅子に座りっぱなしで臀部が常に圧迫されておきる肩こりによる頭痛であると思われる。

初回の施術のあと「こんなあっさりした治療で効くのか??」と思ったそうだが、家に帰り昼寝をしたら猛烈に調子が良くなり効果を実感していただけた。

デスクワークの方に多くみられる症状であるが、肩や首を触らずに根本的な原因にアプローチした結果症状の改善に至った。

 

 

 

 

  • 0120-32-7491
  • アクセス
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2018年5月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【神奈川県】厚木市,海老名市,伊勢原市,秦野市,綾瀬市,藤沢市,川崎市,横浜市
  • オフィシャルブログ
  • お気に入り
Twitter